押切もえの顔が劣化!欠陥マンションや結婚していないのに離婚の噂?

押切もえさんは、蛯原友里さんと並ぶ大人女子モデルで有名です。
モデル以外にも、作家、浴衣やウエディングドレス、
ストッキングなどのプロデュース業でも活躍中。

そんな押切もえさんに離婚と噂との報道はあったけど、
そもそも結婚してたっけ?

プロデュースしたマンションに欠陥住宅の疑惑が!
最近劣化している噂についても調べてみました。

 

Sponsored Link

 

押切もえさんプロフィール

生年月日 1979年12月29日 現在34歳
出身地  千葉県市川市
血液型  A型
身長   169cm

AneCan専属モデル
千葉県立市川西高等学校卒業

押切もえさんは高校生の時に雑誌「Popteen」の
読者モデルからモデルへの道へ入っています。

「Popteen」の他にも「egg」の読者モデル、
「東京ストリートニュース」などにも
登場し、女子高生のカリスマ的存在として
人気を集めていました。

押切もえの顔が劣化!欠陥マンションや結婚していないのに離婚の噂?

現役女子高生にして、ファッション雑誌で特集まで
組まれていたほどの人気ぶり。

しかし、学業の方はどうも真面目ではなかったようで、
モデル業に加えて遊び回っていたせいで最初に入学した
昭和学院高等学校では出席日数が足らずに進級ができず、
自主退学したそうです。

卒業した市川西高等学校は、一学年下で再入学だとか。

高校卒業後は事務所に正式に所属し、モデル活動をしていく中で
コギャルから大人系女子へ方向転換して行きます。

それが見事に当たり、「AneCan」の専属モデルに。
コギャル時代とは打って変わって控えめで
落ち着いた雰囲気で20代から30代の働く女子から
絶大な支持を受けています。

趣味は読書。週に3冊読むとか。
好きな作家は太宰治とかなり渋いです。

 

 

 

押切もえさん、顔面劣化している?

押切もえさんはマルチに才能を発揮しているとは言え、
本業はモデルです。

 

モデルはスタイルが命ですが、も大切。

仕事道具と言える劣化しているなんて、ちょっとヤバい?

 

劣化と言われ始めたのは2013年に
「ごきげんよう」に出演してから。

押切もえ 顔 劣化

 

 大人女子のカリスマと言われていた押切もえさんですが、

その時はカリスマどころか疲れた顔したOLのような劣化ぶり。

 

控えめメイクながらもどこか華があった押切もえさんとは
思えないほどです。

劣化の原因は、整形手術だと言われています。

 

押切もえさん、番組内で整形していることを
暴露しているんですよね。

バラエティじゃなくて、至って真面目な
経済ドキュメンタリー番組での
整形暴露に一体どんな意味が……

 

涙ながらに語る押切もえさんに、
番組スタッフは大変困惑したそうです。

 

Sponsored Link

 

確かに女子高生の時に比べて目がパッチリとした感じです。

整形は、年を取ると崩れると言われています。

 

整形の劣化を止めるには、
やはりもう一度整形しかないのでしょうか。

 

他にも、ストレスが顔に出ているのでは?
という意見もあります。

 

どちらにせよモデルなのだから、
劣化していると言われないように
頑張って欲しいですね。

 

 

 

押切もえさんに離婚の噂が。でも、結婚していたっけ?

押切もえさんと検索すると、
離婚というワードが一緒に出てくるのですが、
押切もえさんは結婚すらしていません。

 

押切もえさんは2008年にプロ野球選手の
野間口貴彦さんと交際していましたが、
2009年に破局しています。

 

それ以来結婚どころか熱愛報道すらないのです。

もしかすると、山口もえさんと
間違われているのではないでしょうか…?

押切もえ 離婚 結婚

 

山口もえさんは、結婚離婚も経験されていますしね。

名前も同じ「もえ」だし。

 

それか、野間口さんとは結婚していると思われていて、
破局が離婚だと
勘違いされているのかもしれませんね。

 

 

 

押切もえさんプロデュースのマンションに欠陥?

押切もえさんは、モデル以外にもプロデュース業でも有名です。

 

ウエディングドレスに浴衣、ストッキング、バッグに腹巻まで。

長年のモデルで培ったセンスでファッションアイテムを次々と
プロデュースしてきました。

 

そしてついにマンションまでプロデュース。

 

しかも3軒もプロデュースしているんですね。

どのマンションも好評で、販売開始直後で
ほぼ部屋は売れてしまうとか。

 

しかし、そんな押切もえさんプロデュースマンション
早くも問題が浮上しました。

 

問題とは、マンションの外壁に押切もえさんが白大理石を
使うと強く希望したせいなのです。

押切もえ マンション

 

外壁は雨風に強く、掃除がしやすい素材を使うのが
建築の常識ですが、押切もえさんはデザイン重視で
デリケートな白大理石を名前通り「押し切った」訳です。

 

白い大理石は、完成直後から黒ずんできたようで、
清掃業者が入っても綺麗にするのは
難しい状態だと言われています。

さらに、このまま風雨に晒されてボロボロに
崩れる可能性も指摘されています。

 

外壁がボロボロなんて見た目だけではなく、建築上まずいのでは?

2軒目のマンションもパネルや内装に
かなりこだわった造りをしているそう。

 

1軒目が120%の出来で、2軒目は150%だと
太鼓判を押していた押切もえさん。

竣工から2年ほど経っている今、
マンションの住み心地はどうなのでしょうか。

 

そして3軒目は何と押切もえさんが
マンションの壁に絵を描いたそうです。

 

他の2軒は、押切もえさんの絵を飾っていたそうなのですが、
3軒目は大胆にも内壁に自らの絵を、
今度はきちんと建築のプロと相談して描いたそう。

 

画像はマンションのごみ置き場のようです。

さすがに住居には描かないですよね。

 

帰る度にホッとするような家を目指した、
押切もえさんは言っていますが、
押切もえのアートは人々を癒してくれるのでしょうか。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ