堀北真希は桜井翔と共演で熱愛に!画像が過激で清楚さ卒業?

堀北真希さんは櫻井翔さんとドラマでの共演をきっかけに
熱愛が噂されています。

櫻井翔さんとのキスシーンの画像もファンの間で話題です。
映画「白夜行」ではかなり過激な濡れ場シーンの撮影も・・。

Sponsored Link

 

堀北真希さんと言えば、清楚で上品な印象のある女優。
出演作品は数多く、映画に出演することも増えてきました。

そんな堀北真希さんの熱愛情報の相手が、なんとあの
国民的アイドル嵐の櫻井翔さんですが、ホントですかね?

 

 

堀北真希(ほりきたまき)プロフィール

堀北真希 画像 過激
本名:原麻里奈
生年月日:1988年10月6日(25歳)
身長:160cm
血液型:B型
出身地:東京都
女優。
2005年には第27回ヨコハマ映画祭にて最優秀新人賞に選ばれる。
さらに2009年にはベストレザーニスト2009を受賞。
出演作品に「野ブタ。をプロデュース」「梅ちゃん先生」などがある。

 

 

櫻井翔と熱愛

堀北真希さんと、熱愛が噂されている国民的アイドル・嵐の
櫻井翔さんは、2010年に放送されたドラマ「特上カバチ!!」で
共演されました。

 

ドラマ内での役どころは、
同じ行政書士事務所で働く上司と部下の関係。

堀北真希 桜井翔

 

行政書士として働く紅一点の堀北真希さん演じる住吉美寿々と、
住吉から指導を受ける行政書士補助者の櫻井翔さん演じる田村勝弘。

ドラマ内では、田村が住吉に恋心を抱いており、
住吉も満更ではない様子が描かれていました。

 

 

そして問題のシーンが、堀北真希さんと櫻井翔さんのキスシーン。

ストーリー的にはなにも問題がなかったキスシーンですが、
このシーンがあったからか、それとも共演中に垣間見た人柄に
惹かれたのか、その後、堀北真希さんと櫻井翔さんの交際が
噂されるようになりました。

 

 

4年後に本格化?

本格的に交際発覚と報道されたのは、
ドラマから4年経った最近のこと。

嵐の中では、松本潤さんと井上真央さんの熱愛報道があるため、
第二のビッグカップルの話題に注目が集まります。

 

堀北真希さんと櫻井翔さんの交際発覚の決め手は、
2014年3月に、櫻井翔さんが都内の会員制バーで、
日頃かわいがってるジャニーズ事務所の後輩たちを
集めたパーティーを開催したのです。

そこで櫻井翔さんが「俺の彼女だ」堀北真希さんを
紹介したらしいのです。

Sponsored Link

 

さらに日は遡り、2013年8月には、櫻井翔さんと堀北真希さん、
堀北真希さんの母親の3人で、東京の恵比寿にある寿司屋で
食事をしていたという目撃情報も。

 

 

ファンも承知の事実?

嵐ファンの中では、以前から、堀北真希さんと櫻井翔さんが
交際しているのでは、と話題になっており、その話題は
嵐のライブに行ったファンの証言でさらに強まりました。

その証言というのは、ライブのMC中に、
櫻井翔さんが「オムライスが腹いっぱい食べたい」と叫んだこと。

 

実は、この発言、堀北真希さんがCM会見の場で、
「得意料理はオムライス」と発言した直後のことなんです。

さらに怪しい点は増えていきます。

堀北真希 桜井翔

 

 

堀北真希さんがアートの島「直島に行きたい」と発言後、
櫻井翔さんは夏の思い出に「直島旅行」と発言。

堀北真希さんがペアルック好きを告白すると、
櫻井翔さんもその後、ペアルック好きを告白しました。

 

邪推やこじつけだろうと言う人も中にはいますが、
ではこれはどうでしょうか。

堀北真希さん主演の初舞台「ジャンヌ・ダルク」でのこと。

 

 

出演者に業界から花が贈られるのは普通のことですが、
その花の中に「ひみつの嵐ちゃん!」名義の花と
「櫻井翔」名義の花があったのです。

番組で一つの花を贈っているのなら、
別に個人的に花を贈る必要はありません。

 

個人的に花を贈りたい理由が櫻井翔さんにはあった。

そうとしか思えないこの出来事に、
堀北真希さんと櫻井翔さんの熱愛報道に拍車がかかりました。

 

 

過激な画像が・・

そんな堀北真希さんですが、
話題になっているのは熱愛報道だけではありません。

 

映画「白夜行」では過激な濡れ場シーンを演じ、
そのときの画像がネット上で出回っています。

堀北真希 共演

 

ただ、濡れ場と言っても、
スクリーンに映し出されたのは、背中と肩ぐらい。

 

胸のアップなんて映像はなく、
それ目当てで映画を観た男性ファンからすれば、
期待外れだったかもしれませんね。

CMでも大活躍の堀北真希さん。
爽やかなイメージでこれからも注目ですね!

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ