新谷宏美は不死身か?mozuの最終回と俳優は?

新谷宏美不死身さが視聴者の間で話題のドラマ「MOZU」
最終回で、メッタ刺しになったにもかかわらず生きていた新谷宏美
残虐な殺人鬼役を演じた俳優とは一体誰なのでしょう?

Sponsored Link

 

ドラマ「MOZU」では過激なシーンが多く描かれています。
地上波のドラマでここまで過激なシーンを放送するのは、
珍しいのではないでしょうか。

 

中でも思わず目をそむけてしまいたくなるのが、
新谷宏美のシーンですね。

新谷宏美は不死身か?mozuの最終回と俳優は?

 

 

MOZUおさらい

突然起きた爆発事件。
それに巻き込まれたのは、主人公、倉木尚武の妻、千尋。

妻の死を機に、公安部特務第一課警部の倉木尚武は、
爆発事件の真相に迫っていく。

 

ドラマで暴きたいのは、爆発事件の真相。
それをゴールに、話はさまざまな登場人物を巻き込んで、展開していきます。

新谷宏美 不死身

 

主人公の倉木尚武の妻、千尋は、倉木の上司である室井と、
過去に不倫関係にありました。
倉木の上司、室井の立場は警視庁公安部部長、警視監。

不倫というスキャンダルなど、
世に出せばどうなるかわかったものじゃない立場の人間です。
しかし、そのスキャンダルを掴んでしまった人間がいる。

 

 

それがジャーナリストの筧。

当然、筧は室井を脅しますが、室井の部下である若松警視が、
室井の不祥事をなかったことにしようと、
筧の殺害をアテナセキュリティを通じて百舌に命じます。

⇒ mozuのおばけって?

 

 

新谷宏美のまわりには・・

このアテナセキュリティとは、
百舌つまり新谷宏美が殺人の依頼を受けている組織。

 

アテナセキュリティから、
筧の殺害を命じられた新谷宏美は、筧を追います。

その一方で、室井は先手を打って、
不倫相手である千尋に爆弾を持たせ、筧の鞄に忍び込ませます。
しかしここで誤算が生じる。

 

 

筧がその爆弾を持ったまま、千尋を追いかけてしまい、
筧の鞄が爆発したことで、千尋とともに爆死してしまったのです。

さらに、筧を追っていた新谷宏美も爆発事件に巻き込まれ、
記憶喪失に陥ってしまいます。

 

そもそも、室井が爆弾を筧の鞄に忍び込ませるよう、
千尋に命じた理由は2つあるのです。
1つは自分の不祥事をなくすため。

Sponsored Link

サルドニア共和国

もう1つは、室井の娘婿の死が、
サルドニア共和国大統領による意図的なものだと知り、
その復讐として大統領殺害を目論んでいたからです。

 

筧はサルドニア共和国のテロリストと協力関係にあり、
大統領の暗殺を計画していましたから、
室井にとって、筧の鞄に爆弾を忍び込ませることは、
一石二鳥だったのです。

新谷宏美 mozu

 

新谷宏美は言わば、完全に巻き込まれただけの一人の殺人鬼でした。
しかし、物語は多いに新谷宏美を巻き込んで展開していきます。

というのも、新谷宏美が爆発事件に巻き込まれた際、
記憶喪失になったせいで、アテナセキュリティから命を狙われるのです。

さらには、記憶喪失になった新谷宏美
甲斐甲斐しく世話してくれたフリーライターの中島が、
アテナセキュリティに捕まり、激しい拷問の末に命を落としてしまう。

 

 

不死身

これをきっかけに、新谷宏美は記憶を取り戻し、
制御不能の恐ろしい殺人鬼となっていき、
アテナセキュリティの関係者を皆殺しにしてしまいます。

 

最終回では、新谷宏美不死身さが話題になりました。
激しい拷問に遭っても死なず、ピストルで撃たれても死なず、
さらには、百舌の早贄のように腹を串刺しにされても生きている。

 

どれだけ不死身なんだと驚かざるを得ません。
というかどうしたら新谷宏美は死ぬのか。

ホラー映画並みに信じられない不死身の演出でしたが、
最終回ではようやく、命が尽きてしまったようです。
視聴者としては、やっと死んだか、といった感じでしょうか。

 新谷宏美 mozu 最終回

 

この不死身さが話題となり、
誰が新谷宏美を演じているのか気になる視聴者も増えた様子。

新谷宏美を演じている俳優は、池松壮亮さん。
現在24歳の青年です。

 

 

MOZU内では、新谷宏美として女装姿も披露し、
狂気をはらんだ不気味な殺人鬼役がすごすぎることでも注目を集めました。

 

Season1では新谷宏美は死にましたが、
Season2では新谷宏美の双子の兄である新谷和彦役として、
池松壮亮さんも引き続き出演されていました。

 

MOZUを通じて演技力がすごいと話題になった池松壮亮さん。
これからの活躍が楽しみな俳優です。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ